ポイント投資とは? ポイント投資のしくみとメリット・デメリット

消費増税のタイミングでキャッシュレス還元事業が行われたり、新たなキャッシュレスサービスが続々と導入されたりと、キャッシュレス決済はどんどん身近になっています。そんなキャッシュレス決済の魅力のひとつに、ポイントによる還元制度があります。

貯まったポイントは、通常の買い物などに利用できる他、「ポイント投資」に利用することもできます。ポイント投資とはどういうものなのか、始め方やメリット・デメリットについてご紹介します。

ポイント投資とは?

サービスの利用や商品の購入が行われた際、利用額に応じてポイントを付与するポイントサービスを導入している企業は多くあります。ポイント投資とは、その名のとおり、ポイントサービスで付与されたポイントを、投資に利用する手法のことです。

具体的にポイント投資の魅力や手法について見ていきましょう。

ポイント投資の魅力

ポイントサービスで付与された各種のポイントは、通常、次回以降の買い物の際の値引きや商品交換等に利用できます。しかし、「値引きに使いたい」と意思表示するのが面倒だったり、商品交換するほど貯まらなかったりといった理由から、ポイントをそのまま放置している人もいるでしょう。

さらに、「投資はしてみたいが、現金を使うのには抵抗がある」という人もいるかもしれません。 

ポイント投資は、そのような人に適したポイントの活用方法といえるでしょう。ポイントを利用して投資をすることから、現金を使わずに投資体験が可能です。余ったポイントを投資に利用すれば、ポイントを増やしたり、気軽に資産形成の練習を行ったりすることもできます。

ポイント投資は2種類の運用方法がある

ポイント投資は、貯まったポイントで投資商品を購入するタイプと、投資商品に対して疑似投資するタイプの、大きく2つに分けられます。

・ポイントで投資商品を購入

投資信託や株式投資など、ポイントで実際に投資商品を購入することができます。ポイントで投資商品を購入する際は、取引用の口座が必要になります。現金を追加して投資商品を購入することもでき、利益が出た場合や売却した場合は、現金で受け取ります。現金だけで投資を始めるときより最低投資額が低く、100ポイント程度から投資が始められるサービスが多くなっています。

・ポイントで疑似投資

投資商品やプランを選んでポイントを投資します。投資商品を実際に買うわけではありませんが、選んだ商品やプランの値動きに応じてポイントが増減し、利益が出た場合はポイントで受け取ることが可能です。投資商品を購入するわけではないため、取引用の口座は必要ありません。

ポイント投資は少額から行える

ポイント投資は、少額から行えるものがほとんどです。1ポイントから投資に利用できるサービスもあり、気軽に投資にポイントを利用できるというメリットがあります。 

ただし、仮にポイントで100円分の投資信託を購入して、その価値が倍になっても200円にしかなりません。ポイント投資だけで資産形成をするというのは、あまり現実的ではないでしょう。ポイント投資は、ゲーム感覚で楽しみながら投資を行いたい人や、まずは投資がどんなものか試してみたいといった人におすすめです。

ポイント投資のメリット

ポイント投資を行う主なメリットには、手軽さやリスクの低さなどが挙げられます。具体的なポイント投資のメリットを見ていきましょう。

面倒な準備なしで始められる

疑似投資するタイプのポイント投資であれば、取引用の口座を開設する必要がなく、手軽に始めることができます。「投資をしてみたいけれど、口座を開くのが面倒」と感じている人は、疑似投資ができるタイプから始めてみるのもいいでしょう。

お金ではないので気軽に投資できる

ポイント投資は、ポイントだけで投資を行うことが可能です。

投資には必ずリスクがあります。「現金で投資して元本割れするのが怖い」という人でも、ポイントを利用した投資なら、気軽に挑戦することができるのではないでしょうか。

少額投資ならリスクが少ない

ポイント投資は少額から投資を行えるため、100円程度の投資なら、大金を失うリスクもありません。投資信託を数百円分程度買うだけであれば、たとえ値下がりしても大きな損失につながりません。

自然に貯まるポイントを有効活用できる

ポイント投資で利用するポイントは、ためようと意気込まなくても、会員カードやアプリなどを利用するうちに、いつの間にか貯まっていたという人が多いのではないでしょうか。普段の買い物やスマートフォン料金の支払いなどで、自然と貯まったポイントを有効活用することができるため、無理せず投資を行えます。

ポイント投資のデメリット

リスクが少なく、気軽に始められるポイント投資ですが、デメリットが全くないわけではありません。ポイント投資をするときは、デメリットについても知っておきましょう。

元本を割るリスク

ポイントを使っているとはいえ投資ですから、元本割れを起こす可能性もあります。ポイント運用の場合でも、貯まっていたポイントが減るリスクをはらんでいます。

投資商品を購入するタイプなら口座が必要

実際に投資信託や株などの投資商品を購入するタイプのポイント投資を行う場合は、取引用の口座が必要になります。さらに、一般口座や、源泉徴収なしの特定口座で取引を行った場合は、利益が出た際に確定申告をしなければなりません。確定申告をしない場合は、源泉徴収有の特定口座や、利益が非課税のNISA口座を選択して取引を行いましょう。

手数料がかかることがある

ポイント投資で選択できる投資先は、各証券会社によって異なります。「ノーロード・ファンド」と呼ばれる手数料が無料の投資先もありますが、それ以外を選択した場合は取引に手数料が発生することもあります。

主なポイント投資対応サービス

ポイント投資に対応している主要なポイントと、どのようなポイント投資ができるのかをまとめました。

ポイント投資に口座が必要なポイントサービス

投資信託や株式などをポイントで購入して実際に投資ができる、主要なポイントを2つご紹介します。

・楽天スーパーポイント 

楽天が提供するポイントサービス・楽天PointClubで付与される楽天スーパーポイントは、ポイント投資に利用できます。楽天証券に口座を開設することでポイント投資が可能です。ポイントは1ポイントから利用でき、投資額は100円分からです。楽天証券が扱うほとんどの投資信託の銘柄に投資が可能で、株式を購入する際にポイントが足りなければ現金を足すこともできます。

NISAやつみたてNISAでも楽天スーパーポイントを投資に利用できるので、非課税でポイント投資をしたい人にもおすすめです。なお、楽天スーパーポイントでは、プランを選んでポイントを投資する、疑似投資のサービスも利用できます。

・Tポイント 

SBI証券、またはSBIネオモバイル証券に口座を開設することで、Tポイントでポイント投資ができます。SBI証券では投資信託、SBIネオモバイル証券では株式に投資が可能で、1ポイントから利用できます。

ただし、SBI証券は投資信託を申し込むときや手放すときなどに手数料が発生し、SBIネオモバイル証券は毎月最低でも220円(税込)のサービス利用料が必要になる点に注意が必要です。

ポイント投資に口座が不要なポイントサービス

ポイントの疑似投資は、dポイントやPontaポイント、クレディセゾンの永久不滅ポイントなどで行うことができます。それぞれの特徴を簡単にご説明します。

・dポイント 

NTTドコモが提供するポイントサービス「dポイントプログラム」で付与される、dポイントを利用してポイント運用を行えます。株式を中心に運用して高いリターンを目指す「アクティブコース」と、手堅い債券を中心に運用する「バランスコース」、日経225・新興国・コミュニケーション・生活必需品・ヘルスケアの5つのテーマから好きなものを選んで運用するコースの中から希望の運用方法を選べます。

運用は100ポイントからで、運用したポイントは1ポイントから引き出して、dポイントとして利用することができます。

・Pontaポイント 

Pontaポイントは、ロイヤリティ マーケティングが提供するポイントサービスで付与されます。Pontaポイントは、一部の個別企業の株式、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)の中から希望の投資先を選んで運用できます。20Pontaポイントから運用が可能で、運用したポイントを再度Pontaポイントとして利用する場合は、5%の手数料がかかります。

・永久不滅ポイント 

永久不滅ポイントは、クレディセゾンが提供するポイントサービスで付与されるポイントです。外国の株式や債券を中心に高いリターンを目指す「アクティブコース」と、国内債券を中心に堅実な運用を目指す「バランスコース」の他、日本株(TOPIX)・アメリカ株の値動きにそれぞれ連動したコース、実際の一部企業の株価に連動したコースの中から運用先を選べます。

100ポイントから運用口座へのチャージが可能で、運用自体は1ポイントからできます。また、運用したポイントは1ポイントから永久不滅ポイントとして引き出しが可能です。

実際の企業の株式での運用を希望する場合、ポイントが1株分の価値に到達した時点で実際の株式と交換することができます。

投資をすると、経済状況や株価の値動きに自然と敏感になります。日本や世界の情勢に興味が持てるという意味でも、投資はおすすめです。とはいえ、現金を失うリスクは取りたくないという人もいるでしょう。また、投資のしくみがよくわからなくて始めづらいという人もいるかもしれません。

ポイント投資は初心者におすすめの投資方法です。現金がなくても貯まったポイントを利用でき、疑似投資なら面倒な準備も必要ありません。ポイントを使って投資商品を購入する場合は、取引用口座が必要ですが、こちらも少額から投資が始められます。

ポイントを運用して投資を疑似体験したり、ポイントで投資商品を購入したりして、投資デビューしてみてはいかがでしょうか?

関連記事