『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』ブックレビュー

『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』ブックレビュー

「お金持ちになりたい」――誰もが心の中で呟いたことがありそうなこんなセリフ。
「どうやったらお金持ちになれるのかな?」――そう、その答えはお金持ちに聞くしかない。
ということで、今回は以下の書評をします。
『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』
著者:トマス・J・スタンリー/翻訳:広瀬順弘/序文寄稿:橘玲 

【どんな本?】
『アメリカやヨーロッパ、日本などゆたかな先進国に生まれた幸運を活かすならば、誰でも億万長者になれる』本著は橘玲氏の序文によって始まります。

事実、日本は、総務省統計局の家計調査報告(2017年)によると、2人以上の勤労世帯の家計について上位20%超の平均年収が1,212万円であるとのこと。さらにスイスの大手金融機関クレディ・スイスが発表した「グローバル・ウェルス・レポート2016」では、資産額約100万ドル(1億1,000万円)を超える富裕層である「ミリオネア」となる日本の人口はアメリカに次いで世界2位の282万6,000人となっており、これを基にミリオネアが世帯主だとした場合、日本の全世帯の5.3%=20世帯に1世帯が「ミリオネア世帯」ということになります。

――つまり、ゆたかな先進国では億万長者は珍しくない。本著を読んでミリオネアの考え方や習慣「ミリオネア・マインド(億万長者の心)」を参考にすれば自分も億万長者になれる。そんな気にさせてくれる一冊です。

著者:トマス・J・スタンリー アメリカにおける富裕層マーケティングの第一人者。富裕層向けビジネスを行なう企業や金融機関へのアドバイザーとして活躍。主な著書に『となりの億万長者』。

富の象徴

30P
「誠実――誰に対しても正直であること」
「自己鍛練――自分で自分をコントロールすること」
「社会性――人とうまくやっていくこと」
「配偶者の支えがあること」
「勤勉――ふつうの人より一生懸命に働くこと」


・経済的成功を収めるためのものとして、この5つを挙げています。一攫千金のチャンスを掴む要素は決して運だけではないようです。

63P
「みんなもう、家に電話してご両親に礼を言ったか?」

・ビジネスの世界で成功を収めた人物が、大学時代に所属したフットボールチームに入団後まず初めに、コーチから言われた一言として紹介されています。億万長者の大多数は協力者の重要性を認めており、他者の力を借りずに頂点を極める人はいないということに気付かされるエピソードです。

78P

「おまえが成功するはずないだろ。」
「新しいビジネスだって? そんな馬鹿げた計画は聞いたことないな。」
「きみが成功する可能性なんて、まったくない。望みなしだ。」

・ほとんどの億万長者は、このような言葉を浴びせられた経験があるとのこと。億万長者になるには、自分に対する批判には耳を貸さないようにし、他人に酷評を受けても揺るがない決心を持つ必要があるようです。

264P
「他の人間を的確に見抜く判断力を身につけたこと。」

・多くの億万長者たちは学生時代の経験から人間の資質について敏感になっており、この資質が成功のために重要な配偶者選びでも活かされているようです。もうすでに学生ではないという人間からすると学生に戻りたい気分になりますが、学生時代に学ぶべきものは学業以外にも多くあることは、間違いないようです。

426P
  1. 人一倍の努力、誠実、そして仕事への情熱
  2. 学業成績が凡庸だったとしても成功への意欲を失わない
  3. 多少の経済的リスクを背負う勇気を持ち、たとえ失敗しても克服する方法を学ぶ
  4. 心から愛着をおぼえる職業を選ぶ
  5. 生涯の伴侶の選択は慎重に
  6. 家計支出をコントロールする
  7. 家を選ぶときは充分に調査・研究し、積極的に値引き交渉をする
  8. バランスのとれたライフスタイルを心がける
・以上を経済的成功のための方程式を構成する8ヶ条としてまとめています。お金持ちとはなろうとするものではなく、少しの勇気と誠実さを持つことで結果としてなっているものなのかもしれません。

本著はアメリカでの調査を元にした翻訳本ですので「信仰と成功には密接なつながりがある」というような、如何にもアメリカ的な内容があったり、約20年前に刊行された本を加筆・改変したものだということで、具体例についても今なら他の方法があるのではと思ったりするような箇所が見受けられます。

しかし、誠実さや勤勉さが成功につながるというところに帰結する部分は、いつの時代も普遍的なものとして、自分を律するための意識づけとしても一読の価値はあると思います。

この本を読んだことをきっかけに近い将来本当にお金持ちになる予定のあなた。こちらの記事も参考にどうぞ。
『憧れのアーリーリタイアを実現するために必要なこととは?』

関連記事