ロボアドバイザーとは? AI投資の始め方とメリット・デメリット

投資にはマイナスイメージを持っている人も多く、投資人口もまだ多くありません。その理由には、「知識がない」「値下がりの危険性がある」「ギャンブルのようなものだから」といったことが挙げられるようです。

しかし、近年は老後資金の不安などから、投資に興味を持つ人が増えています。そこで、投資の知識がなく、失敗したくないと考える人に役立つのが、AIを利用した投資手法「ロボアドバイザー」です。ここでは、ロボアドバイザーを利用した投資の始め方と、メリット・デメリットをまとめました。

ロボアドバイザーとは、AIが投資を行うサービスの総称です。通常、投資をするときは、どの投資商品にどのくらい購入するのかを自分で決めます。しかし、投資初心者にとって、自分に合った投資先を選択するのは簡単ではありません。また、投資のリスクを小さくするためには分散投資が良いとされていますが、どう分散させるか迷うこともあるでしょう。どれほどの利益が出るのか、予測することにも知識が必要です。 

そこで役立つのが、ロボアドバイザーです。ロボアドバイザーは、事前にウェブ上で年収や毎月の貯蓄額などの質問に答えることで、AIが自動的にその人に合ったポートフォリオ(資産配分)を提案してくれます。自分に最適化されたプランを提案してくれるというのは、投資に詳しくない初心者や、投資先を検討する時間が取れない人にとって大きなメリットになるでしょう。

ロボアドバイザーには、大きく分けて2種類のサービスがあります。それぞれの特徴をご紹介します。

すべて任せられる「投資一任型」

2種類のロボアドバイザーのうち、1つは「投資一任型」です。ウェブ上での診断の結果をもとに、ロボアドバイザーが提示したポートフォリオのプランから自分に適したものを選んで契約すると、ロボアドバイザーがそれに沿って自動で投資してくれます。投資商品の発注や運用などは、すべてロボアドバイザーに任せることが可能です。 

投資をする際、運用を続けているうちに商品によって利益に差が出てくるため、当初決めたポートフォリオを定期的に見直す必要があります。これを、「リバランス」と言います。通常は、自分でリバランスする必要がありますが、投資一任型を利用した場合は、リバランスも自動で行ってくれます。自分は運用にノータッチのまま、希望のスタイルで長期的に投資できるのが、投資一任型のメリットでしょう。

自分の考えを反映できる「アドバイス型」

ウェブ上の診断結果をもとにロボアドバイザーが提案してくれるリスク許容度(投資に伴うリスクをどれだけ許容できるか)や投資プランを参考に、自分で投資を行うのが「アドバイス型」です。アドバイス型は、ロボアドバイザーが投資を行うわけではなく、あくまでもアドバイスをしてくれるだけです。実際の投資商品の購入は自分で行うことになりますし、リバランスも自分で行います。 

アドバイス型は、ある程度投資に関する知識や経験があるものの、自分で情報を集めるのは難しい人に向いているといえるでしょう。自分が選択した投資商品やバランスに、問題がないか確認してみたい人にもメリットがあります。

ロボアドバイザーの利用にかかる手数料

ロボアドバイザーを利用して投資をするためには、サービスの利用に関する手数料と、信託報酬の2種類の費用がかかります。このうち、信託報酬は投資信託をするときに必要となる費用で、金額は選んだ投資商品によって異なります。 

サービス利用手数料は、ロボアドバイザーによって異なります。アドバイス型は手数料が低く、無料で利用できる場合も多くあります。投資一任型は、年間の預かり資産のうち、1.0%前後が手数料としてかかることが多くなっています。投資一任型の中でも、預かり資産によって手数料の負担率が変わるサービスや、成果報酬と固定報酬の2種類から手数料を選べるものなど、さまざまな種類があります。

ロボアドバイザーは、投資初心者や投資のために取れる時間が少ない人などにおすすめのサービスです。具体的なロボアドバイザーのメリットを見てみましょう。

投資の知識や経験がなくても運用可能

投資のアドバイスを提供するロボアドバイザーは、特別な知識やスキル、投資経験がなくても、ウェブ上でいくつかの質問に答えるだけで、自分に合った投資スタイルがわかります。投資一任型ならそのまま運用を任せられますし、アドバイス型ならロボアドバイザーの提案したプランを参考に、自分なりの戦略を立てることが可能です。

少額から投資ができる

投資の中でも、株式投資などは通常、数万~数十万円程度の資金がなければ行うことができません。しかし、ロボアドバイザーなら、1万円程度の少額からスタートできるサービスも多くあります。中には、最低投資額100円というロボアドバイザーもあり、投資のハードルは低いといえるでしょう。

客観的に判断してくれる

身近に投資をしている人がいれば、その人からアドバイスを受けることもできるでしょう。しかし、そうした「他人のアドバイス」には、どうしてもその人の主観が混じってしまいます。本当は手堅い運用がしたいとしても、相談した人が積極投資を行うタイプだった場合、希望どおりの商品をすすめてもらえるとは限りません。

その点、ロボアドバイザーは人ではありませんから、あくまでも客観的に、ウェブ診断の結果から導き出される投資スタイルに沿って、アドバイスをしてくれます。

手間がかからない

ロボアドバイザーに任せておけば、自分自身で銘柄を選定する手間がなくなります。投資一任型のロボアドバイザーなら運用も任せられますし、リバランスも不要です。

また、源泉徴収ありの特定口座を選択しておけば、確定申告をする必要もありません。

ロボアドバイザーのデメリット

ロボアドバイザーには、メリットばかりではなくデメリットもあります。ロボアドバイザーを利用するにあたって、意識しておきたいデメリットをまとめました。

短期的に利益を得るのは難しい

ロボアドバイザーは、一夜にして資産を倍増させられるタイプの投資手法ではありません。設定したリスク許容度にもよりますが、少ないリスクで長期的に運用するタイプの投資です。そのため、短期的に利益を出したい人にはあまり向いていないといえます。

手数料がかかる

ロボアドバイザーを利用した場合、一定の手数料がかかります。少額から投資を始められるのはロボアドバイザーのメリットですが、その場合は利益も低くなるため、手数料が利益を上回ってしまうことがあるかもしれません。手数料はロボアドバイザーによって違うため、よく検討する必要があるでしょう。

元本割れのリスクがある

ロボアドバイザーを利用したとしても、必ず利益が出るとは限りません。市況や選択した投資商品によっては、マイナスとなってしまうこともあるでしょう。あくまでも投資であるという意識は必要です。

投資一任型の場合NISAに申し込めない

投資を行う場合、NISA(少額投資非課税制度)を利用したいと考える人は多いでしょう。NISAは、対象の投資商品について、年間の投資収益の120万円までが非課税になる制度のこと。しかし、ロボアドバイザーでNISAが利用できるのは、アドバイス型だけとなります。

ロボアドバイザーによる投資の始め方

ロボアドバイザーの細かい申し込み手順は各サービスによって異なりますが、基本的には以下のような流れで利用します。 

<ロボアドバイザーを利用する5つのステップ>

  1. 利用するロボアドバイザーサービスを決める
  2. ウェブ診断で金融資産、リスク許容度などを設定
  3. ポートフォリオが提案される
  4. ポートフォリオを了承、または変更
  5. 運用スタート 

利用したいロボアドバイザーサービスを提供している会社や、提携している会社の口座を保有していない場合は、ロボアドバイザーサービスを決めた後で口座を開設しましょう。また、口座に資金がない場合は、運用資金の入金も併せて行います。 

手軽に始められるのはロボアドバイザーのメリットですが、リスクもありますから、どのようなサービスなのか事前にしっかり理解しておきましょう。

投資一任型

ロボアドバイザーのサービスを提供する会社は増加していて、現在数多くの種類があります。ここでは、主要なロボアドバイザーのサービスのうち、すべて任せられる投資一任型をご紹介します。なお、手数料については各社のウェブサイトに従い、税込と税別の記載が混在しています。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)は、スマートフォンだけで簡単に投資ができる、投資一任型のロボアドバイザーです。ロボアドバイザー専門の会社が運営していて、自分自身で銘柄を選んで投資をすることはできません。 

運営会社 ウェルスナビ株式会社

手数料(税別)
預かり資産3,000万円まで1.0%、3,000万円を超える部分は0.5%

最低投資額
10万円(WealthNavi for ネオモバは1万円、WealthNavi for ANAは30万円)

楽ラップ

楽ラップは、投資一任型のロボアドバイザーです。株式市場の値動きが大きいときに下落ショックを軽減させる、「TVT機能」という独自機能を持っています。 

運営会社 楽天証券株式会社

手数料(税込)
最大年率0.715%(固定報酬型)、最大年率0.605%+運用益の5.5%(成功報酬併用型)

最低投資額 10万円

THEO

THEO(テオ)は、日本初の投資一任型ロボアドバイザーサービスとして知られています。運営元の株式会社お金のデザインは、ロボアドバイザーによる投資一任型のサービスに特化した会社です。 

運営会社 株式会社お金のデザイン

手数料(税別)
預かり資産3,000万円まで0.65~1.0%(積立額や入出金額による)、3,000万円を超える部分0.5%

最低投資額 1万円

マネラップ(MSVLIFE)

マネラップ(MSV LIFE)は、マネックス証券が提供する投資一任型のロボアドバイザーです。マネックス証券株式会社は、アドバイス型の「マネックスアドバイザー」も提供しています。 

運営会社 マネックス証券株式会社

手数料(税込) 1.0075%

最低投資額 1,000円

LINEスマート投資

LINEスマート投資は、500円からできる積み立て形式のワンコイン投資か、自分の好きなテーマに投資できるテーマ投資の2種類から選べる投資一任型ロボアドバイザーです。 

運営会社 LINE Financial株式会社・株式会社FOLIO

手数料(税別)
テーマ投資:売買代金の0.5%(最低手数料50円)
ワンコイン投資:3,000万円以下は運用資産の時価評価額の年率1.0%か、最低運用報酬料100円のいずれか高い方。3,000万円を超える部分は、運用資産の時価評価額の年率0.5%

最低投資額
テーマ投資:1万円台~/ワンコイン投資:500円

アドバイス型

アドバイス型は、ロボアドバイザーの助言はあっても、自分で投資商品の購入やリバランスを行うため、資産運用の経験者向けと言えるでしょう。主要なロボアドバイザーのサービスのうち、アドバイス型をご紹介します。

ロボのぶくん

ロボのぶくんは、「楽ラップ」と同様に楽天証券が提供するロボアドバイザーですが、こちらはアドバイス型です。スマートフォン専用で、利用するときは楽天証券の口座が必要です。 

運営会社 楽天証券株式会社

手数料 無料

最低投資額 100円

マネックスアドバイザー

マネックスアドバイザーは、ウェブ診断でポートフォリオを提案してくれるほか、標準的なポートフォリオ、プロの提案するポートフォリオのどちらかを選んで運用することも可能です。 

運営会社 マネックス証券株式会社

手数料(税込) 0.33%

最低投資額 5万円

投信工房

投信工房は、手数料無料で利用できるロボアドバイザーです。最低投資額が100円と低く設定されているため、気軽に始められます。 

運営会社 松井証券株式会社

手数料 無料

最低投資額 100円

ロボアドバイザーは、大きく投資一任型とアドバイス型の2種類に分けられますが、それぞれの中にもいくつものサービスがあり、異なる特徴を持っています。
客観的なアドバイスを受けられることや、すべて任せられることなどがロボアドバイザーのメリットですが、利用の際は投資先や投資額、手数料、運営会社など、さまざまな面から自分に合ったサービスを選択することが大切です。

関連記事