ミニ株とは? 配当は出る? 初心者が見落としがちな株主優待や手数料の問題と始め方

多額の自己資金が必要になる株式投資。リスクを考えると、なかなか手が出せないという人が多いのではないでしょうか。低リスクで株式投資を始めてみたい人には、通常の株式投資よりも少額で始められる「ミニ株」がおすすめです。ここでは、ミニ株の仕組みを解説するほか、ミニ株のメリットやデメリット、初心者がミニ株を始めるときに注意すべきポイントを解説します。

ミニ株とは株式の取引方法の一種で、通常の株式投資と比べ、10分の1の資金で株式投資が始められるというもの。正式には「株式ミニ投資」と呼ばれています。ミニ株の仕組みを理解するために、「単元株(たんげんかぶ)」という言葉をまず理解しておきましょう。また、ミニ株と似たものとして、ミニ株よりさらに少額で始められる「単元未満株(※)」も最近注目を集めていますが、本記事ではミニ株を中心に解説しています。 

通常の株式取引では、単元株と呼ばれる売買単位で取り引きが行われています。1単元あたりの株数は銘柄により異なりますが、一般的には、100株もしくは1,000株が1単元です。そして、株式は、「1単元の株数の整数倍で売買する」というルールがあります。例えば、1単元が1,000株の株を株価1,500円で購入する場合、1単元あたりの購入額が1,500,000円となり、この整数倍で購入するのが原則。つまり、この株式を購入するには、少なくとも1,500,000円の資金が必要になるということです。 

しかし、ミニ株なら株式を1単元の10分の1の単位で売買することが可能となります。早速、ミニ株のメリットや注意点を確認していきましょう。 

※「ミニ株(単元株)」が10分の1単位で取り引きできるのに対し、「単元未満株」は1株から売買が可能。

少額投資

通常の株式投資の10分の1から少額投資ができる

ミニ株の仕組みを利用すると、1単元が100株の株の場合は10株から、1単元が1,000株の株の場合は100株から株式投資が可能です。例えば、1単元が100株の株式を株価2,000円で購入する場合、通常は最低200,000円の資金が必要となりますが、ミニ株であれば10分の1の20,000円から投資できるのです。 

なお、株式投資をすると、銘柄によっては配当を受けることができますが、これはミニ株であっても同様です。ミニ株で配当を行っている会社の株式を買った場合、通常の株式取引と同様に持ち株数に応じて配当金を受け取ることができます。加えて、株式分割などによる割り当ても、持ち株数に応じて行われます。 

このように、ミニ株のメリットの一つは、多額の資金が必要となる銘柄の株式でも、少額の資金で投資することができるため、初心者や、十分な自己資金がない人でも株式投資が始めやすい点にあります。また、投資額が少ない分、通常の株式投資に比べて損失リスクも低く、株価の変動や、取り引きのタイミングを見極める練習にもなるでしょう。

手数料

ここまで、ミニ株のメリットを紹介してきましたが、デメリットもあるので理解しておきましょう。

取引手数料が割高になりがち

最初に挙げられるのが「取引手数料」の問題です。通常、株式取引には証券会社ごとに設定された取引手数料がかかりますが、ミニ株は通常の株式売買と比較して手数料が割高になる傾向があります。 

これは、ミニ株は通常の株式取引と比べて投資金額が少なくなるため、投資金額に対する手数料の割合が高くなってしまうからです。取引手数料は1回の約定ごとにかかるため、ミニ株を使って少額で何度も投資をするような場合、取引手数料がかさんでしまいます。 

例えば1回の約定ごとに55円の取引手数料がかかるとしましょう。1単元が100株のA株式を株価2,000円で購入した場合、200,000円の投資額に対して、55円の取引手数料がかかります。一方、ミニ株を利用してA株式を10株ずつ10回に分けて購入した場合、投資額は同じく200,000円ですが、取引手数料は55円×10回=550円です。 

また、株式の1回あたりの取引手数料は、取引金額が多くなるほど割安になるのが一般的。そのため、取引金額が低くなりがちなミニ株の場合、取引手数料が割高となってしまうのです。

優待

株主総会や株主優待への制限

もう一つのデメリットは、株主総会への出席ができないという点です。通常の株式投資では保有株数に応じて議決権が付与され、株主総会に出席することができますが、ミニ株では株主総会に出席できません。議決権を行使するには1単元以上の株式を保有する必要があるところ、ミニ株では株数が不足するためです。加えて、株主優待が受けられる株式の銘柄も限られているため、株主優待を目当てにしている人はあらかじめ確認しておきましょう。

通常の株式取引よりも取り引きが不自由

取り引きのタイミングもミニ株式のデメリットの一つといえるかもしれません。通常の株式取引は、一般の投資家との間で行われるものですが、ミニ株の場合、証券会社と株式取引を行います。そのため、株式を売買するタイミングが限られており、取引注文日(株式の売買注文を出した日)の翌日の始値で取り引きが成立します。つまり、注文を出した時点と取り引きが成立する時点の株価が異なれば、不利な取り引きになる可能性があるのです。 

そして、一般的な株式の注文方法には、株の銘柄と株数のみを指定する「成行(なりゆき)注文」と、株の銘柄と株数に加えて、売買価格を指定する「指値(さしね)注文」がありますが、ミニ株の場合は指値注文ができません。「この株式を10株、株価400円で売りたい」「この株式を10株、株価500円で買いたい」といった指値注文はできず、「この株式を10株売りたい」「この株式を10株買いたい」という成行注文になるため、予想外の価格で取り引きが成立する可能性があります。

注意点

ここまで紹介したとおり、メリット・デメリットのいずれもあるミニ株。さらに注意点があるので、事前に理解しておきましょう。

ミニ株の取り扱いのない金融機関も

全ての証券会社がミニ株を取り扱っているわけではありません。ミニ株での株式投資を希望する場合、口座を開設する前に、その証券会社にミニ株の取り扱いがあるかを確認しましょう。なお、「ミニ株」は一般的な通称ですが、証券会社によって異なるサービス名が使われています。

取り引きできない銘柄がある

ミニ株の取り扱いのある金融機関であっても、取り引きしたい株式の銘柄が扱われていないこともあります。証券会社によって取り引きを行っている銘柄は異なるため、事前にミニ株で取り引きしたい株式が決まっている場合は、どこの証券会社で取り扱われているのかを調べることをおすすめします。

まとめ

通常の株式投資よりも少額で投資を始められる「ミニ株」を活用することで、株式投資を始めるハードルを下げることができます。ミニ株は、通常の株式投資に比べ10分の1という少額で始められるうえ、銘柄によっては配当金を受けることも可能。資金面でのリスクを抑えながら、実際の株式取引を行える点にメリットがあります。その一方、割高になりがちな取引手数料や議決権が行使できない点など、デメリットや注意点も少なくありません。ミニ株を始めるなら、その特性をきちんと理解しておきましょう。

関連記事