スマホのカメラで住宅ローン選び? 最新の金利をカメラ上に表示

テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供する住宅ローンテック企業のiYell株式会社が、スマートフォンの位置情報を活用し、現在地から距離が近い各金融機関の住宅ローンの最低金利をAR(拡張現実)で表示するアプリ『いえーる 住宅ローンAR』をリリースしました。

本アプリを利用すれば、住宅ローンに詳しくない人でもAR(拡張現実)という最新技術を楽しみながら、住宅ローン情報と身近に触れ合うことができます。sub1.png

《アプリ機能詳細》
アプリ利用者の位置情報を捉え、距離が近い7件分の各金融機関の位置情報、およびその金融機関の住宅ローンの最低金利をAR(拡張現実)で表示します。


iYellでは、今後もメディアやARアプリなどの最新技術を活用し、誰でも最適な住宅ローンを選択できる環境を構築し、家を買いたいすべての人に、最高の住宅ローンを提供する社会の実現を目指していくとのことです。

関連記事