首都圏「住宅地価格」の調査結果発表。野村不動産アーバンネット実勢調査

野村不動産アーバンネット株式会社が、2019年1月1日時点の「住宅地価格動向」の調査を実施し、調査結果が発表されました。

【2019年1月1日時点の調査結果】  調査地点数:住宅地168

2018年10-12月期の「住宅地価格」は、首都圏エリア平均では▲0.04%(前回0.2%)の変動率。

「値上がり」を示した地点が4.2%(前回12.5%)、「横ばい」を示した地点が91.1%(前回85.1%)、「値下がり」を示した地点が4.8%(前回2.4%)となり、横ばい地点と値下がり地点が増加、値上がり地点が減少となっています。

年間ベースの「住宅地価格」は、首都圏エリア平均では0.4%(前回0.5%)の変動率。

「値上がり」を示した地点が22.0%(前回25.6%)、「横ばい」を示した地点が68.5%(前回64.3%)、「値下がり」を示した地点が9.5%(前回10.1%)となり、横ばい地点が増加、値上がり地点と値下がり地点が減少となっています。

住宅地価格の価格変動率(首都圏エリア平均の単純平均値・3ヶ月毎)

news_05_01.jpg

住宅地価格変動率の地域平均推移(単位:%)

news_05_02.jpg

当調査は3ヶ月毎(1月、4月、7月、10月)に実施されており、調査結果は不動産情報サイト「ノムコム」上で公表されています。 

出典元:PRTIMES

関連記事