富裕層が対象のプライベートバンクとは? 概要やサービス内容を解説

富裕層などを対象に、一部の人だけが利用できるといわれている「プライベートバンク」という言葉を聞いたことはありますか? プライベートバンクはどのような人が、どんな内容で利用できるのか、気になる概要やサービス内容について紹介します。

プライベートバンクとは

プライベートバンクとはどのようなものなのでしょうか? 概要を見ていきましょう。

さまざまなグローバル金融機関がサービスを展開

プライベートバンクは、一定額以上の資産を持つ富裕層に対し、証券や不動産など総合的に資産管理や資産運用のサービスを提供する金融機関です。スイスで発祥し、欧米で発展しました。

日本では、スイスの二大銀行であるUBSやクレディ・スイスのほか、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券やみずほプライベートウェルネスマネジメントなどの金融機関がサービスを展開しています。

 資産が概ね100万ドル(約1億円)以上の富裕層が対象

プライベートバンクを利用するには、設定された最低純資産以上の資産を保有している必要がありますが、その資産の額については一般的に公開されていないことが多いものの、概ね100万ドル以上(約1億円以上)であるようです。

情報公開している金融機関は少ないのですが、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券は最低純資産1億円以上となっています。一方、みずほプライベートウェルネスマネジメントのように最低純資産を1,000万ドル(10億円以上)に設定するなど、より厳しい条件を設ける金融機関もあります。

他にも、職業や語学力なども口座開設にあたっての条件となることがあります。

政治的な職業の場合は口座開設が慎重に行われたり、担当者により適切でない職業と判断された場合には口座開設を断られたりすることがあります。海外のプライベートバンクの場合、外国語で契約が結ばれることになります。外国語を完全に理解できなくとも、基本的な用語を理解することが必要です。

 プレミアムバンクとは異なる

プライベートバンクと似たものにプレミアムバンク(プライオリティーバンク)があります。

プレミアムバンクは、基本的に預金残高1,000万円以上の人を対象としており、提供されるサービスとしては預金金利の優遇やATM手数料・送金手数料が割引になるといったものがあります。

金融機関によっては、健康や旅行のサポート、資産運用相談、百貨店での優遇サービスなどを実施していることがありますが、対象としている顧客層や具体的なサービス内容がプライベートバンクとプレミアムバンクとでは異なります。

プライベートバンクのサービス内容

それでは、プライベートバンクではどのようなサービスが提供されるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

 オーダーメイド型の金融商品を提供

プライベートバンクでは、顧客一人ひとりのニーズに合った金融商品が提供されています。

通常の証券会社や銀行などの金融機関では、一般的に上場された株や投資信託、国債などを購入し、資産運用していくことになります。プライベートバンクのサービスを利用すれば、限られた投資家だけに販売されている「私募投信」などを購入することも可能です。

 非金融分野のサービスを提供

プライベートバンクでは金融商品以外のサービスも提供されています。具体的に提供されるサービスとしては、以下のようなものがあります。

ステータス系サービスの紹介、斡旋

クレジットカードの「ブラックカード」や選ばれた人しかメンバーになれないコミュニティー、サロン、ゴルフ会員など、プライベートバンクの顧客になることで紹介やあっせんを受けられます。

子どもの教育支援

プライベートバンクではそのネットワークを活かした留学先の紹介だけでなく、富裕層の子ども限定のサマースクールを開催したり、富裕層限定の家庭教師、英会話教師を斡旋したりと幅広く子どもの教育支援を行っています。

最先端医療施設等の情報提供

富裕層ほど健康や美容に関する関心が高い傾向があることを受け、プライベートバンクでは海外を含めた最先端の医療施設や技術情報の提供を行っています。顧客になれば、健康・美容に関する情報を受け、利用先の紹介をしてもらうことができます。

プライベートバンクのメリット・デメリット

プライベートバンクでは質の高いサービスが提供されていますが、プライベートバンクを利用すると具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 メリット

プライベートバンクのメリットとしては、以下のようなものがあります。

トップクラスの担当者がつく

プライベートバンクの担当となるのは行内でもトップクラスの行員です。顧客は優秀な彼らの資産運用に関するサービスを受けられるのに加え、行員ひとりが担当する顧客数は少なく抑えられているため、十分な時間をかけた対応が得られるのが特徴です。

長期的な関係を構築できる

プライベートバンクの行員とは長期的な関係を構築できる点もメリットです。

通常のサービスでは、たとえ担当の行員が優秀だったとしても2~3年で担当者の支店が変わってしまう場合があります。そうすると、一から新しい担当者と関係を構築しなければなりません。プライベートバンクの行員は行内でもトップクラスの力量を持つのに加え、顧客と長く関係を構築できる状態にあるため、老後資金や子供への相続対策など、家庭環境を含めたパートナーとなってくれるでしょう。

海外の伝統的なプライベートバンクでは、行員と顧客の関係が二代、三代と続くことも珍しいことではありません。

 デメリット

一方、プライベートバンクにはデメリットもあります。

利用するには審査が必要である

プライベートバンクを利用するには、厳しい審査を受ける必要があります。身元証明はもちろん、どのようにして資産を築いたのかも調べられます。多くの資産を保有していて、プライベートバンクを利用したいと思っても、少しでもグレーな方法(例えば、人身売買や麻薬取引、武器取引など)で資産を築いたとみなされると、審査で落とされてしまうのです。

手数料が高い

プライベートバンクを利用するのには手数料が必要です。例えば口座を持つためには年間数万円の「アカウントメンテナンス・フィー」のほか、資産の運用を任せる場合には預かり資産の1.5%程度の手数料がかかる「アセットマネジメント・フィー」などを負担する必要があります。

その他、必要に応じて個別に相談する際に負担する「アドバイザリー・フィー」や顧客側から株式等の売買を依頼した場合にかかる「トランザクション・フィー」などがあり、利用するサービスによって利用料が変わってきます。これらの手数料は決して安くはありませんので、手数料を支払うことが苦にならない富裕層がターゲットとなっているサービスだと言えるでしょう。

まとめ

プライベートバンクは富裕層を対象としたサービスです。手数料が高いといったデメリットがありますが、トップアドバイザーが資産形成に対して寄り添ってサポートしてくれるといったメリットなどもあります。自分に適した資産運用を長期的に考えたときに、ひとつの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事