仕組預金とは? 金利や種類を理解して上手に活用しよう

定期預金の金利が低い現代では、預金ではなく投資による資産運用を検討している人もいるのではないでしょうか。投資商品にはさまざまなものがありますが、そのなかのひとつとして「仕組預金」があります。今回は、この仕組預金について、通常の預金との違いやメリット・デメリットとあわせて解説します。

仕組預金とは

仕組預金とは、投資した資産の収益向上や、リスクの軽減などを目的とした運用手法のデリバティブ取引を組み込んだ預金商品の総称で、銀行側が満期の時期や受け取る通貨の種類を決める権利を持つ代わりに、定期預金よりも高い金利を提供する金融商品です。

将来売買する商品の売買条件をあらかじめ決めておく先物取引も、デリバティブ取引の一種です。ほかにも将来商品を売買する権利をあらかじめ購入するオプション取引や、通貨をあらかじめ約束した条件で交換するスワップ取引があります。

デリバティブ取引は、原資産の取引より少ない投資金額で大きな取引ができるので、利益は大きくなりますが、損失するリスクもあるため、注意が必要です。

仕組預金とは、このデリバティブ取引の仕組みを利用した預金商品ですので、将来の金利相場や為替相場で得をする場合もあれば、損をする可能性もある金融商品です。「預金」と名が付いているため、通常の預金のようなイメージがあるかもしれませんが、デリバティブ取引を組み込んでいる分、リスクがありリターン(金利)が通常の預金より高くなっています。

仕組預金と通常の預金の違い

仕組預金は、通常の預金や定期預金と違う点がいくつかあります。両者の違いを理解してから投資するかどうかを判断しましょう。

中途解約できない

通常の預金や定期預金と違い、仕組預金は原則中途解約できません。やむを得ず中途解約を行う場合は、解約に関する費用を負担する必要があるため、元本割れすることがあります。そのため、投資に回せる余裕のある資金を預けたほうがよいでしょう。

募集期間中に申し込む必要あり

普通預金や定期預金は、申し込みをすれば、いつでも預けることができます。しかし、仕組預金は各金融機関の募集期間中に申し込まないと、利用できません。募集期間は商品ごとに異なるため、検討中の仕組預金がある場合にはその募集期間を確認しておきましょう。

預入時点において、「預入期間」「満期時の受取通貨の種類」が約束されていない

定期預金の場合は、預ける期間を預金者側が決めることができ、中途解約も可能です。しかし、仕組預金では預入時点において、預け入れる期間が定まっていません。

また、仕組預金の種類によっては、満期で受け取る通貨の種類が約束されていないものもあります。預けるときには円で預けても、受け取りは外貨で戻ってくる場合があるということです。

仕組預金の種類

仕組預金には、大きく分けて満期特約型と外貨投資型の2種類があります。それぞれの違いを理解し、自分に合った商品を選びましょう。

満期特約型

定期預金の「満期」をいつにするかを銀行側が選べる商品です。「マルチコーラブル預金」とも呼ばれています。銀行側が満期時期を決めることができる代わりに高い金利を提供するという金融商品ですので、預金者側は満期時期を決めることはできません。満期まで保有していれば元本が保証されます。

商品ごとに満期時期が異なるため、何年後から受け取りができるのか把握しておく必要があります。また、「自分の資金を最長何年預けることができるのか」を考えておくとよいでしょう。

金利に関しては、金利が毎年一定の「フラット型」と、金利が年々上昇する「ステップアップ型」があります。1年目の金利は、フラット型のほうがステップアップ型の金利よりも高く設定されているため、短い期間で満期時期になると予測されるのであれば、フラット型の金利が有利になります。

しかし、満期時期が長くなると予想される場合であれば、金利が年々上昇するステップアップ型のほうが有利になります。どちらにするかは、市場金利の動向や、過去の実績を確認しながら判断するとよいでしょう。

外貨投資型

外貨投資型は、満期時に受け取る「通貨」の種類を銀行側が決められる商品です。つまり「円」もしくは「外貨」で預けたものが、どの種類の「通貨」で戻ってくるか分かりません。例えば円で預けたものがドルで戻ってくることもありますし、ドルで預けたものが円で戻ってくることもあります。

どの種類の通貨で戻ってくるかは、銀行側に選択権(元本通貨の選択権)があります。銀行の判断で満期時に払い戻される通貨が変えられてしまう代わりに金利が高く設定されています。外貨で元本を受け取れば、為替レートの変動により元本割れが生じる「為替リスク」が発生しますが、預ける期間が短い場合が多く、かつ金利が高い点が魅力的な商品といえます。

仕組預金のメリット・デメリット

仕組預金にはメリットもあればデメリットもあります。メリット・デメリットを知ったうえで、生活に支障のないように運用することが大切です。

仕組預金のメリット

満期特約型は、「中途解約しなければ元本が保証される」「普通預金よりも金利が高い」といったメリットがあります。さらに、外貨投資型であれば、外貨定期預金や満期特約型よりも金利が高く設定されています。

この金利が高いという点は、仕組預金の大きなメリットと言えるでしょう。

仕組預金のデメリット

基本的に中途解約ができず、無理に解約すると大きく元本割れするリスクがあることが仕組預金のデメリットです。そのため、結婚資金や教育資金といった特定の目的を持った資金は仕組預金には向いていないと言えるでしょう。

また、仕組預金をスタートさせてから、市場の金利が上昇することも考えられます。その場合、仕組預金の開始時の低い金利のまま銀行に預けることになるという点もデメリットになります。

さらに、外貨投資型の場合、為替リスクがありますので、注意が必要です。

まとめ

仕組預金は、定期預金よりも高い金利が期待できますが、商品によっては元本割れするリスクもあります。また、さまざまな種類があり、それぞれ特性が異なります。仕組預金のリスクや特性を把握したうえで、検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事