債券投資とは? 種類やメリット・デメリットについて解説

預金をしていてもなかなか資産が増えない昨今、投資を考えている人もいるでしょう。代表的な投資商品のひとつとして、債券投資があります。今回は、債券投資について、種類やメリット・デメリットなどについて解説します。

債券とは、お金が必要な国や地方公共団体、企業などが資金を調達するために発行するものです。個人間でお金の貸し借りをするのであれば、借用証書を発行することが多いですが、国や企業などが個人から資金調達をする場合は、借用証書の代わりに債券を発行します。

資金を調達するという意味では株式と似ていますが、株式とは以下の点で異なります。

  • 債券は、満期になると元本が戻りますが、株式には元本保証はありません。
  • 債券によって得られる利益は基本的に確定しています。しかし、株式によって得られる利益は確定していません。

一言で債券といってもさまざまな種類があります。債券は、発行体、通貨、利息の支払方法、信用リスクによって分類することができ、それぞれメリット・デメリットがあります。

発行体による分類

大きく分けて「公共債」と「民間債」の2種類があります。さらに公共債には、国が発行する国債、地方公共団体が発行する地方債、そのほかに、公庫や独立行政法人が発行する政府関係機関債(政府保証債、財投機関債など)があります。民間債には、企業が発行する社債や、金融機関が発行する金融債があります。

公共債のメリット・デメリット

元本と利子の支払いが国や地方公共団体によって保証されており、信用性が高いと言えますが、民間債に比べて利率は低くなっています。安全性を重視する人や初心者は、国債のような公共債から始めるのがよいでしょう。

民間債のメリット・デメリット

公共債よりも利率が高いものが多いですが、企業が倒産する可能性や景気の状況が変化することを考慮すると、安全性に関しては公共債よりも低いと言えます。投資に慣れてきた人や金利を重視する人は、民間債を選ぶとよいでしょう。

通貨による分類

「外貨建て債券」「円建て債券」の2種類があります。

外貨建て債券のメリット・デメリット

海外では日本に比べて金利が高い国があるため、円建て債券に比べると高い金利を得られる可能性があります。また、外貨建て債券を購入後に為替相場が円安になると、債券を売却したときに為替差益を期待できますが、為替相場が円高になると、債券を売却した際に損失が発生する可能性もあります。このようなリスクを理解したうえ、高い金利を狙うのあれば、外貨建て債券を視野に入れてもよいでしょう。

円建て債券のメリット・デメリット

外貨建て債券のように、為替リスクがありませんので、安定して運用できる可能性が高いと言えます。ただし、外貨建て債券に比べると金利が低い場合があります。リターンを重視する人は外貨建て債券、安定を重視する人は円建て債券のように使い分けることが大切です。

利息の支払方法による分類

利息の支払方法による分類

「利付債」「割引債」の2種類があります。利付債とは、発行日から償還期日になるまで、定期的に(多くは年1回または2回)利息を受け取ることができる債券のことです。割引債とは、定期的な利息が受け取れない代わりに、債券1枚ごとの券面上に記載されている額面価格よりも安く購入できる債券です。購入価格と額面価格との差が、利付債における利息に相当します。

利付債のメリット・デメリット

定期的に利息を受け取ることができます。割引債に比べて初期投資の金額は大きくなりますが、定期的に少しずつ利益を得るほうがいいという人には合っています。

割引債のメリット・デメリット

割引債は、利付債と違い、定期的な利息を得ることができませんが、利付債よりも安い金額で購入できることがメリットです。初期投資を抑えたい人には向いていると言えるでしょう。継続的に利益を得たい人には不向きと言えます。

信用リスクによる分類

債券には、債券を発行している企業が倒産したり、国が破綻したりする「信用リスク」があります。信用リスクが低く、機関投資家の投資基準を満たしている格付けを「投資適格」と言います。国内外の格付け機関によって投資先にふさわしいと一定の評価を得ている債券を「投資適格債」、一定の評価を得られていない債券を「投資不適格債」と呼びます。

投資適格債のメリット・デメリット

投資適格債は、信用力が高い債券であるため、安定した運用ができる可能性が高まります。しかし、その分金利は低くなる傾向にあります。

投資不適格債のメリット・デメリット

投資不適格債では、信用力が低い代わりに高い金利が期待できます。安定性よりも収益を重視する人には向いていると言えるでしょう。

どのような種類の債券投資にも共通しているメリット・デメリットがあります。債券投資が自分に合っているかどうかを確認するときのポイントにしましょう。

債券投資のメリット

債券投資のメリットとして、以下のようなものがあります。

普通預金よりも高い利息を得られる

普通預金の利息は、年0.001%程度です。長期間預けていても、これではなかなか資産が増えません。預金以外の余剰資金がある場合は、債券投資を検討してみるのもよいでしょう。

途中売却が可能

債券は、満期になるまでに売却が可能です。ただし、債券価格は市場の状況によって日々変動しており、売却時に損失が発生することもあるため、注意が必要です。

株式より安全なことが多く、手間があまりかからない

株式のように大きな値動きをすることが少ないため、価格の変動を常に気にしながら運用する必要がなく、手間がかかりません。仕事が忙しい方には合っていると言えるでしょう。

債券投資のデメリット

債券投資のデメリットとしては、以下のようなリスクが挙げられます。

  • 信用リスク:債券を発行している企業の倒産などにより、債務不履行になることがあります。そのため生活の余剰資金を投資に回すようにしましょう。また、社債や外貨建て債券の場合、発行している企業や国の事業内容や財務状況などに関する目論見書がありますので、必ず確認しましょう。
  • 価格変動リスク:満期前に途中換金する場合、購入価格を下回ることがあります。
  • 為替変動リスク:外貨建て債券の場合、受け取り時の為替水準により、円高での受取であれば、為替差損を被ることになります。
  • 途中償還リスク:債券には、発行者によって、満期日より早く投資家にお金が返還されてしまう場合があります。この返還のことを償還と呼びますが、満期日より早く償還された場合は当初に予定した利回りを下回ることがあります。

債券価格と金利の関係は?

債券価格は金利動向によって日々変動しています。債券価格は金利が上昇すると下落し、金利が低下すると上昇します。債券を購入した後に金利が低下すると債券価格が上昇しますので、今後金利が低下すると予測されるのであれば、債券の購入を検討してもよいでしょう。

資産運用にはいくつかの方法があります。預貯金だけでは資産が増えにくい現在は、債券、株式、不動産投資などさまざまな運用を考える人もいるでしょう。債券投資は銀行の預金と比べて利息が高いというメリットがありますが、信用リスクや価格変動リスクなどもあります。債券投資を行う際は、無理のない範囲で投資をするようにしましょう。

関連記事