貯蓄型保険とは? 種類やメリット・デメリットをご紹介

生命保険に加入している人のなかには「貯蓄型保険」「掛け捨て型保険」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。この貯蓄型保険とはどのようなものなのでしょうか。今回は、貯蓄型保険の概要や種類、メリット・デメリットについて解説します。

貯蓄型保険とは

まずは貯蓄型保険の内容について確認しておきましょう。

貯蓄型保険とは、生命保険の一種です。一定の条件を満たした場合、「保険期間終了時の満期保険金」「途中解約時の解約返戻金」などを受け取ることができる保険のことです。

生命保険には、貯蓄型保険のほか、掛け捨て型保険がありますが、こちらは原則として支払った保険料は返ってきません。その代わり、一般的に掛け捨て型保険は貯蓄型保険に比べて保険料が安く設定されています。

貯蓄型保険の種類

貯蓄型保険を分類すると、大きく「終身保険」「養老保険」「学資保険」「個人年金保険」の四つに分けることができます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

終身保険

終身保険は、生涯にわたって保険期間が続くタイプの保険です。被保険者が亡くなった場合や、契約で設定されている高度障害を負った場合に、保険金が支払われます。

保険料の払込期間は、一生涯とするか、一定の年齢までを定めるか選ぶことができます。払込期間を短くすれば保険料は高くなりますが、長くすれば負担を軽くすることができます。

設定した払込期間が過ぎた後については、時間が経過するにつれて積立金が保険料払込合計額より増えていきます。

養老保険

養老保険とは保険期間が決まっており、保険期間中に被保険者が死亡した場合は死亡保険金が支払われる保険です。保険期間終了後に被保険者が生存していれば、満期保険金を受け取ることができます。

途中解約すると、支払期間の長さによっては、払い込んだ保険料の累計額よりも解約返戻金額が少なくなるケースがあります。解約返戻金の率は、加入した年齢やその時々の金利によって変わります。

学資保険

学資保険は、子どもの学費を確保することを目的とした保険です。基本的には養老保険と同様で、一般的には定められた保険期間中に被保険者(対象となる子ども)が死亡してしまった場合には死亡保険が支払われ、満期まで生存していれば満期保険金が支払われます。また、保険料を支払っている親が死亡した場合は、その後の保険料の支払いは免除され、学資金は満期時に受け取ることができます。

また、満期時とは別に、入学時や進学時に祝い金を受け取ることができる商品もあります。

個人年金保険

個人年金保険は、一定の期間まで保険料を払い込み、契約時に定めた年齢(60歳や65歳など)に達した後は、年金として一定額を毎月(または一括で)受け取ることができる保険です。受け取れる期間は一定期間(5年や10年など)や一生涯など、さまざまな商品があります。

個人年金保険は、公的年金を受給するまでのつなぎとして利用したり、公的年金に加えて一定額の個人年金を受け取ることで老後の生活をより安定させたりすることができます。

貯蓄型保険のメリット・デメリット

貯蓄型保険の種類にはいろいろなものがあることが分かりましたが、貯蓄型保険にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

貯蓄型保険のメリット

まず、貯蓄型保険のメリットについて見てみましょう。

貯蓄性がある

貯蓄型保険は、払い込んだ保険料を将来満期保険金や解約返戻金といった形で受け取ることができるため、貯蓄を目的として活用できます。

また、預けた資金については、その一部を保険会社が積み立てて運用するため、運用成果次第では預けた資金以上のリターンを受け取ることもできます。「積極的に資産運用してリターンを期待する」「もしものときに備えて支払った保険料分だけ返ってくればよい」といった考え方によって、選ぶ商品が変わってきます。

このように、貯蓄型保険は貯蓄性を持たせながら投資信託のように資産運用のひとつの手段としての役割を期待することもできます。

保険料が掛け捨てにならない

貯蓄型保険は掛け捨て型保険とは異なり、支払った保険料は掛け捨てにはならず、取り戻すことができます。

基本的には、養老保険のような有期の保険であれば、期間終了後に満期保険金を受け取れますし、終身保険のように生涯にわたる保険であれば、保険期間中に死亡した場合には死亡保険金を受け取れるのが一般的です。

また、多くの場合、保険期間中の途中解約すると解約返戻金を受け取ることができます。ただし、途中解約については、条件次第で払い込んだ保険料累計額より少なくなるというペナルティが生じる点に注意が必要です。

保障を受けられる

貯蓄型保険は、保険期間中に死亡したときや重い障害を負ったときには保険金を受け取ることができる保障がついているタイプのものがあります。

どのような保障がついてくるかは商品によって異なりますが、基本的には保障を手厚くすればするほど保険料が高くなるため、自分が必要とする保障を考えて、決めておくとよいでしょう。

貯蓄型保険のデメリット

一方、貯蓄型保険には、以下のようなデメリットがあります。

掛け捨て型保険より保険料が高い

一般的に、貯蓄型保険は、保険金額、年齢、性別、保険料の支払い方法などが同じ掛け捨て型保険より保険料が高くなります。

例えば、ある保険会社では、1989年1月1日生まれの男性の30歳時点の見積もりを見てみると、以下のように保険料が異なります。

  • 定期保険(保険金額1,000万円、保険期間10年)の場合:約1,200円/月
  • 終身保険(保険金額1,000万円、60歳払込済)の場合:約2万2,000円/月

このように終身保険のほうが定期保険より保険料が高くなるため、もしものときの保障でよいのであれば、掛け捨て型保険のほうが利用しやすいといえます。

途中解約すると支払累積額より下回ることがある

貯蓄型保険は、保険期間中の途中解約で解約返戻金を受け取ることができますが、解約返戻金は保険の払い込み期間が短い場合、払い込み累積額より少ない額しか戻ってきません。

解約返戻金については商品によって異なるため、将来的に解約を考えて入るのであれば、解約返戻金が多い商品を選ぶとよいでしょう。

インフレリスクがある

貯蓄型保険にはインフレリスクがあります。

インフレとは、物価が上昇し、総体的にお金の価値が下がる状態のことであり、インフレが起こるとそれまで積み立てていたお金の価値が減ってしまいます。例えば、1,000万円積み立てて、30年後に1,000万円を受け取ったとしても、物価が上昇していればそのお金は価値が目減りしていることになります。

これは貯蓄型保険だけに限らず、貯蓄性のある金融商品すべてに当てはまることです。

このインフレリスクに強いのは、変動金利タイプの貯蓄型保険です。インフレが起こると一般的に金利が上昇しますが、固定金利タイプの場合は利率も保障額も低いままとなります。しかし、変動金利タイプであればインフレが起こると金利が上がり、将来受け取れる保障額も大きくなります。

まとめ

貯蓄型保険は「保障も受けたいし貯蓄もしたい」という希望を実現する手段のひとつです。メリット・デメリットを理解したうえで、貯蓄型保険を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事