軽減税率ってどういうもの? 対象になる商品とならない商品を解説

2019年10月に消費税が増税されます。ほとんどの商品に10%の消費税が課税されることになりますが、軽減税率により一部の商品の消費税は8%に据え置きされます。では、軽減税率の対象となる商品と、対象とならない商品にはどのような違いがあるのでしょうか。今回は、軽減税率の概要や軽減税率の対象となる品目・対象とならない品目について解説します。

軽減税率とは、特定の商品の消費税率を他の商品に比べて低く設定することです。今回は税率8%のまま据え置きされることを指します。低所得者対策として、食料品や新聞など、生活するうえで必須になる商品を対象としています。

軽減税率は2019年10月1日から施行されます。販売側も消費者側も最初は混乱があるかもしれません。まずはどんな商品が8%で据え置きされるかを把握し、慣れるまではレシートなどで後から確認したり、家計簿をつけたりして、家計にどれくらいの影響を及ぼすのかを確認しておくようにしましょう。

軽減税率の対象商品

軽減税率の対象品目は、以下のとおりです。

飲食料品

スーパーマーケットで購入する、あるいはテイクアウトする飲食料品が軽減税率の対象品目です。飲食料品とは食品表示法に規定する食品で、私たちが普通に食べたり飲んだりすることができるものです。ただし後ほど説明するお酒や一部の健康食品は、軽減税率の対象外であるため、すべての飲食料品が軽減税率の対象ではないということをおさえておきましょう。

一定の条件を満たす一体資産

一体資産とは、おまけ付きお菓子のように1つの商品に食料と別の商品が一体になっている商品です。複数の商品を組み合わせて販売されている場合は、内訳の金額比率で区分されるようになります。

スーパーにあるおもちゃ付きのお菓子などは、通常1万円以下で、飲食料価格の占める割合が2/3以上ですから軽減税率の対象となります。

ただし、価格が税抜き1万円超、もしくは価格のうち2/3未満が食品以外の別の商品の価額であれば、全体が軽減税率の対象外です。

新聞

定期購読契約されており、週2回以上発行される新聞は、軽減税率の対象です。政治や経済などの一般社会的事実が掲載されていることが条件であり、スポーツ新聞や英字新聞も軽減税率の対象です。

新聞で注意が必要なことは、「定期購読契約がされている」という点です。そのため、駅やコンビニで買う新聞は、軽減税率の対象外です。また、定期購読契約をしていても紙の新聞であることが条件です。電子版の新聞は軽減税率の対象外となります。

軽減税率の対象にならない商品

すべての飲食料品が軽減税率の対象になるわけではありません。次に軽減税率の対象外商品を紹介します。

外食

ファミリーレストランや居酒屋といった飲食設備(テーブルや椅子、カウンター)がある施設で食事をする場合は、軽減税率の対象外となります。テイクアウトすれば軽減税率の対象となるので、牛丼屋やハンバーガーショップのようなファーストフード店ではテイクアウトを選択すれば軽減税率の対象となり、消費税8%で購入できます。

コンビニにあるイートインスペースで食事をすることも、軽減税率の対象外です。コンビニでお弁当を購入すれば、消費税増税後はテイクアウトにするか、店内で食事をするか聞かれるようになるでしょう。

デリバリーと店内飲食の両方を兼ね備えているピザチェーン店の場合も、コンビニと同じです。店内で食事をすれば軽減税率の対象外ですが、テイクアウトやデリバリーで宅配してもらえば軽減税率の対象となります。

ケータリング・出張料理

ケータリングや出張料理は、軽減税率の対象外です。ケータリングはデリバリーとは違い、顧客の指定した場所で料理を行います。また、ケータリングには料理が届いた際に玄関から大きな部屋まで運んでもらい、さらにテーブルの上で料理を並べてもらう「配膳」も含まれます。このように、配膳を行う場合は軽減税率の対象外となります。

また、デリバリーのように建物の出入り口で料理を受け取れば軽減税率の対象です。そのため、自分で配膳ができる場合は、建物の出入り口で受け取ると配膳が含まれないため、消費税は8%になります。

酒類

酒類は軽減税率対象外です。ワインや日本酒を料理に使用するとしても対象外です。しかし、みりん風調味料(アルコールが1%未満の場合)は飲食料品に該当し、消費税の軽減税率の対象となります。酒税法において、アルコール度数1%以上が「酒類」として分類されます。

酒類が軽減税率の対象外である点について不満を持つ人もいるかもしれませんが、すでに軽減税率を導入しているドイツやフランスでも酒類は軽減税率の対象外です。生活になくてはならないものではなく、あくまでも嗜好品として考えられているためです。

みりんに関しては、商品のラベルに「みりん」もしくは「みりん風調味料」と記載されているので、ラベルを見て判断するようにしましょう。

料理酒に関しては、塩分が入っている場合には「酒類」に当てはまらないため、軽減税率の対象となります。塩分が入っていない場合は、「酒類」に分類され、軽減税率の対象外です。

さらに、ノンアルコール飲料や甘酒、ブランデーケーキ、ウイスキーボンボンは軽減税率の対象です。酒類に関しても、軽減税率の対象かどうかは商品のラベルで確認することが確実といえます。

「医薬品」「医薬部外品」に分類される飲食料品

健康食品や栄養ドリンクなどにおいて、ラベルに「医薬品」「医薬部外品」といった記載があれば、軽減税率の対象外です。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に規定する「医薬品」、「医薬部外品」および「再生医療等製品」といった「医薬品等」は、食品に該当しません。そのため、この「医薬品等」に該当する健康食品や栄養ドリンクは、軽減税率の対象外です。また、特定保健用食品や栄養機能食品は、医薬品等ではなく飲食料品に該当するため、軽減税率の対象です。

軽減税率の対象かどうかは、商品のラベルを見て判断するようにしましょう。

軽減税率が適用されるのは、一部の商品です。軽減税率の対象となるものを把握し、上手にお金を管理していきましょう。

関連記事