バリュー投資とは? 注目される株式投資の手法について解説

株式投資を行う手法のひとつとして、「バリュー投資」というものがあります。バリュー投資とは、どのような投資手法なのでしょうか。今回は、バリュー投資の概要やメリット・デメリットなどについて解説します。

バリュー投資とは

バリュー投資は、数ある株式投資の手法のひとつです。企業業績や財務状況と比較して、株価が割安であると考えられる銘柄を買い、本当にその価値がある企業であるなら、そのうちに株価は上昇するはずであるという考えのもと、長期的に利益を出していく投資方法です。つまり、そのうちに企業価値に見合った株価になると判断できる「お買い得な会社」に投資することになります。

投資する銘柄を選ぶ際は、一般的に、株式の個別銘柄の代表的な投資尺度であるPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、ROE(自己資本利益率)といった指標を用いて判断します。このPERとPBRは、以下のように計算することができます。

  • PER=時価総額÷純利益※

※純利益=株価÷1株あたりの利益

  • PBR=株価÷1株あたり純資産※

※1株あたり純資産=純資産÷発行株式総数

  • ROE=当期純利益÷自己資本×100

PERとは、現在の株価が1株あたりの純利益の何倍まで買われているかを表した指標です。PERの平均は15倍程度であり、PERが10倍を下回ると一般的には割安といえます。

PBRとは、株式会社の1株あたりの純資産(資産から負債を差し引いて残った数字)に対して何倍の株価で株が買われているかを表した指標で、現在の株価が割安か否かを判断するための投資尺度です。PBRは一般的に1倍以上ですので、1倍を割るようでしたら、割安といえます。また、創業時の企業は借入金が多くなる傾向にあるので、PBRが高くなることが多くあります。

ROEとは、株主から集めた資本でいかに効率よく利益を出すことができたかを表す指標です。ROEが高いほど、効率よく利益を出しているといえます。

このように、PER、PBR、ROEの3つの指標を参考にしながら銘柄を探しましょう。

また、PBR・PER・ROEで計算をして格安だと見込んだとしても、企業の株が上がらなければ意味がありません。そこでもう一つ判断基準にしておきたいのが、業績への注目度がどれくらいあるか、という点です。判断材料としては「会社四季報」(東洋経済新報社)を用いるのが便利でしょう。「会社四季報」の予想が会社予想を上回っているのであれば、業績の向上が期待されており、株価が上昇するきっかけも大いにあると考えられます。

バリュー投資のメリット・デメリット

バリュー投資の概要について分かったところで、バリュー投資のメリット・デメリットを見てみましょう。

バリュー投資のメリット

バリュー投資のメリットは以下のとおりです。

うまくいけば株価が何倍にもなる可能性がある

バリュー投資の魅力は、何といっても将来に株価が思った以上に上昇する可能性があることです。企業業績が良いにもかかわらず株価がそれに伴っていない場合など、宝物を探す感覚に似ています。また、資産形成のために、将来に備えて若いうちから始めることが有効です。

頻繁に売買を繰り返す必要がない

会社勤めをしていて、平日には投資をする時間が取れない人にとって、頻繁に株式の売買をする必要がないことはバリュー投資のメリットのひとつです。デイトレーダーのような毎日売買をする人は1分1秒ごとにチャートを確認することがあります。特に大きなお金を動かす場合には、タイミングを逃さないようにパソコンの画面から離れられないこともあるでしょう。バリュー投資は長期投資が基本であるため、デイトレーダーのように株価を確認できない会社員に向いているといえます。

バリュー投資のデメリット

バリュー投資には以下のようなデメリットがあります。

短期投資には向いていない

バリュー投資を行う企業の株価は、割安なものが多いため株価が上がるまでには時間がかかる可能性が高くなります。企業が持っている価値よりも株価として評価されている価値が低いため、株価が上昇するには企業価値が認められ、注目されなければなりません。つまり、そうした動きが出るまでの時間が長期にわたると見る必要があります。そのため、短期売買で利益を上げようと思っている人には、バリュー投資は向いていません。

計算により割安であると判断しているが、絶対とはいえない

計算上割安であるとしてもそれが絶対とはいえません。例えば現在の株価が割安だと出ていても、決算で下方修正が出るとさらに下がる可能性もあります。たとえPERやPBRで割安の数字が出ても鵜呑みにせず、疑うことが大切です。

バリュー投資とグロース投資の違い

バリュー投資と似た言葉として、「グロース投資」があります。バリュー投資は企業の収益性や資産性を考慮して市場価格が安いと判断された銘柄に対して行う投資手法ですが、グロース投資はPERやPBRが割高であっても、将来的に成長が見込まれる銘柄に投資する手法です。

成長が見込まれる銘柄選びは難しいですが、年々利益が増加している銘柄などはグロース投資に合っているといえます。ほかにも売り上げが年々増加傾向にあり、業績予想も増加傾向にあるような会社がグロース投資の狙い目です。

また、グロース投資で当然成長すると思っていた銘柄が成長しなければ、株価が思った以上に上昇しない可能性もある点には注意が必要です。

もう一つ注意点として、グロース投資では配当利回りが低くなる傾向にあります。グロース投資の対象となる成長が見込まれる企業は、株主に配当として還元するよりも、設備投資や人件費などにお金をかけるほうが結果として株主に還元できると考えているからです。株主からすると配当がないことは損をしている気がするかもしれませんが、将来的に株価が上がるほうが得をすることもありますから一概にはいえません。

また、グロース投資はバリュー投資よりもすぐに株価が上がる可能性があります。成長株ですからバリュー投資よりも勢いがあり、株価が上がるときは一気に上がるので、面白みもあります。

バリュー投資をする際の注意点

では、バリュー投資を行う際には、どのような点に注意する必要があるか、見てみましょう。

長期投資であることを意識する

バリュー投資は、長期投資をすることを前提としています。保有している株式の価格が上昇しない場合も、焦らないようにすることが大切です。もちろん、短期間で株価が大きく上昇すれば、売却して利益を得てもよいでしょう。

割高株をつかまない

割高株をつかんでしまうとバリュー投資になりません。あくまでも割安株だからこそバリュー投資の意味があります。

指標やスクリーニング機能を信じすぎない

PERやPBR、ROEはあくまでも参考数値です。また、バリュー投資の銘柄を選んでくれる「スクリーニング」という機能を証券会社が提供していることがありますが、鵜呑みにするのはよくありません。企業のホームページや「会社四季報」などで、よく調べてから購入するようにしましょう。

企業の財務諸表などをある程度の期間分確認する

財務状況の良し悪しは、「長期の負債額が1年以内の現金化される資産を超えているかどうか」「配当金が継続的に出されているか」といった点で判断することができます。これらの情報は企業の財務諸表に記載されていますので、確認するようにしましょう。

すべての投資に当てはまりますが、投資に絶対はあり得ません。だからこそ慎重な判断が求められます。バリュー投資は長期投資ですから、じっくり銘柄を選ぶようにしましょう。

まとめ

バリュー投資をして割安株を取得すれば、長期にわたって利益を得られる可能性があります。しかし短期売買には向かないといったデメリットや注意点もあります。このようなことを把握したうえで、バリュー投資を検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事